■大和工業株式会社【土木工事・ワイヤロ−プ・資材販売・企画・設計・設置】大阪府から全国に展開しております。
大和工業株式会社【土木工事・ワイヤロ−プ・資材販売・企画・設計・設置】  
大和工業株式会社 会社概要 会社概要 大和工業株式会社 事業概要 事業概要 大和工業株式会社 リクル−ト情報 リクル−ト 大和工業株式会社 リンク リンク 大和工業株式会社へのお問合せ お問合せ
     
大和工業株式会社 事業概要   事業概要
   
ワイヤロ−プ
  製品の案内
  豆知識
  世界JISメ−カ−マップ
  JISハンドブック
  工場見学
 
ロ−プ加工品
  荷役商品
  プレテ−ション加工
繊維ロ−プ
土木建設業
産業・建設資材
   
   

ワイヤロ−プとは
 ワイヤロ−プ(wire rope)とは、一般に“鋼索”と呼称されているように“鋼線”を 主体としたロ−プを意味している。※鋼索=ワイヤロ−プ
 一般用(機械・建設・船舶・漁業・林業・鉱業・索道・エレベ−タ−用など)のワイヤロ−プについては、日本工業規格(JIS)でG3525 (1988/34種)として制定されている。
 ワイヤロ−プの構成は、主に何れも複数本の鋼線を撚り合わせてストランドとし、さらに、このストランドを6本撚り合わせたタイプとなっている。


ワイヤロ−プの特徴
  普通の棒鋼に比べて、強度が大きい。
  構成素線の引張強さ
    150Kgf/mm2(1470N/mm2)〜300Kgf/mm2(2940N/mm2
  曲げやすい。繰り返し曲げによる疲労に強い。
  衝撃を吸収してショックを和らげる能力が大きい。
  耐食性を高める為の各種金属のメッキ、吹付け、塗装及び合成樹脂などの被覆ができる。
  端末加工ができる。(金具の取付け、環状加工、ロ−プ相互の接続など)
  細い径(1o以下)〜太い径(300o)のものまでできる。また、複数本のロ−プを束ねて取り付けることにより、更に太径にでき強度も大きくできる。
  曲げやすく、曲げ疲労に強いため、1本のロ−プを比較的小径の滑車(プ−リ−・シ−ブ)により複数回 折り返してしようできる。
  製品の長さが短尺物(1m以下)から長尺物(1000m以上)もできる。
  機械と同じように、潤滑剤の使用効果が大きい。
  製品は小径のものに巻けるので、荷姿がコンパクトにでき、輸送しやすい。



合成樹脂被覆ワイヤロ−プ(plastic coated rope)

  ワイヤロ−プの表面に樹脂を被覆したもので主にメッキを施したロ−プまたはステンレスロ−プ製品が多い。
  ロ−プの主な合成被覆材料/特徴
ナイロン12[N-12:NYLON-12]/耐摩耗性、耐候性
ポリエチレン[PE:POLY ETHYLENE]/耐摩耗性、耐候性
ポリビニ−ル[PVC:PORY VINYL CHLORIDE /低価格、凡用性
   
被覆ワイヤ−ロ−プの特徴
  酸、アルカリ、海水などによる腐食に強い。
  表面が平滑、美麗で、色別も比較的自由にできる。
  合成樹脂皮膜がロ−プと、シ−ブ溝などの接触体との圧接作用を和らげるので、ロ−プ及び接触体の損耗が少なくなる。
  ロ−プの自転が少なくなり、キンクなどの型崩れを生じにくい。
  電気的絶縁性が良い。
 
【参考資料】
JIS規格
◇ワイヤロ−プ規格 JIS G 3525−1988
◇硬鋼線材規格 JIS G 3505−1980
◇操作用ワイヤロ−プ規格 JIS G 3540−1988
◇ステンレス鋼線材規格 JIS G 4308−1991
◇ステンレス鋼線規格 JIS G 4309−1988
◇航空機用ワイヤロ−プ規格 JIS G 3535−1988
◇ピアノ線材規格 JIS G 3502−1980
◇異形線ロ−プ規格

JIS G 3546−1993
船級協会規格
◇NK/Nippon Kaiji Kiyokai (日本海事協会)
◇LR/Lloyd's Register of Shipping (イギリスロイド船級協会)
◇ABS/American Bureau of Shipping (アメリカ船級協会)
◇BV/Register of Shipping (フランス船級協会)
◇DNV/Det Norske Veritas (ノルウェ−船級協会)
◇CCS/China Classitication Society (中国船級社)
◇RINA/Register of Shipping (イタリア船級協会)
◇GL/Germanischer Lloyd (ドイツ船級協会)
◇KR/Korean Register of Shipping (韓国船級協会)
 
Copyright(c) Daiwa Industry..cld., 2004.